便利な併用住宅を利用する|用途に合わせて賢く建てる

笑顔の3人

兼用住宅を利用

ビル

店舗とか事務所などの併用住宅を建てることはどこでも認められることはなく、建築基準法で制限を受けることがあります。例えば用途地域によっては第1種低層住居専用地域のように制限が厳しい地域もあります。この地域では例え併用であっても専用の店舗を作ることは出来ません。しかも併用住宅でも延面積の2分の1以上が居住用であるとか店舗の部分の床面積が50平米以下であるという制限があります。従って住居面積が少ない場合には目的用途として使えない場合も出て来ます。店舗や事務所を開業できてもクリーニング店の場合には取次のみ許可され、原動機を使う場合には合計出力は0.75キロワット以下でなければなりません。第2種低層住居専用地域の場合は制限が緩和され専用店舗も可能となりますが、店舗・飲食店の場合は床面積150平米以内で且つ2階以下という制限が付きます。工業専用地域を除きそれ以外では殆ど問題はないようです。

併用住宅とは居住用としての機能と仕事や趣味、商売などの機能を兼ね備えた住宅のことを指します。依頼主の希望によって色々な場合があり、これによってビジネスで収入を得たり、あるいは自分の趣味を楽しめたりします。併用住宅では部屋の一部を他人に賃貸物件として貸したり、あるいは歯科医院やクリニック、獣医院などを併用住宅として建てることができます。絵や工芸品の趣味を持つ場合にはその一部をアトリエとしたり、作品を飾って販売したり店舗にすることができますし、理容師や美容師の場合にはこれらの室を設けて仕事を行うことが出来ます。スポーツ選手の場合にはトレーニング室を設けたり音楽演奏家の場合には防音室を設けてスタジオルームを設置することもあります。資格商売で独立して事務所を設けることも出来ます。

地球にやさしいマイホーム

女の人

ゼロエネ住宅とは、断熱性能の向上等によって消費エネルギーを減らしつつ、太陽光発電等によってエネルギーを生み出すことで、差し引きの消費量がゼロになることを目指した住宅です。長期的に見て家計にプラスとなるばかりでなく、資源保護にも役立ちます。

View Detail

省エネにもこだわって

一軒家

サカエ建設はシェアの高い建設会社であり、注文住宅などの建築を請け負っています。その他にもリフォームなども行うことが可能です。これから住宅を建てる時には省エネが常識となっていますが、それらの最新設備も備えています。

View Detail

マイホームを手に入れる

ヘルメット

狛江は新築一戸建てを購入するのに適したエリアです。近くに自然が多くあり、駅の周りには商業施設が集まっています。都心からのアクセスもいいので、実際にモデルホームや新築一戸建てを訪れて、住環境を確認してみましょう。

View Detail